私の義理お母さんへの、介護。これからの父母への、介護。

此度、クリニックのウェイティングルームで読物を読んでいたら、今は女性の分娩が高齢につき、育児時機って、親の、介護の時期がダブるという事例が相次いでいる。。。という話が載っていました。

わたくしが幼児産んだのも、30代まん中ですが、私の義理の奥さんが、本格的に体崩してしまったのは、丁度私の幼児が生まれた後々でした。旦那には兄妹がいるのですが、いる会社が遠く離れている結果、義理の奥さんにおいて、身近に頑張れるのは私たち夫妻、そして女の弟夫妻だけでした。

第1子供が生まれて慣れない育児に、私の、体が参っている間、旦那から(奥さんと共に住んで時間みてくれないか?)と言われました。義母は、ダディ(旦那の父さん)がその10年ほど前に、他界しているため、ひとり暮しを通していました。

わたくしって義母は、幼児が生まれるまでの際、仲良くはしていたのですが、私も、慣れない育児にてんてこまいの、時機だったこともあり、産後うつという状態になってあり、旦那への受け答えが先延ばしになっていました。

受け答えを耐える、その間は、生まれたばかりの幼児を、私の奥さんに預け、義母を探るという連日でした。その頃には、義理女は、ほとんどの所帯ができなくなっていましたから、義理女の住宅から帰宅する時は(わたくしがいない間に、何かあったらいかんせん)という気持ちと(素早く解放されたい)という気持ちって、2つありました。

後々、うちの女が、毎日につき肝要を続開することになり、そこからポイントは幼児を連れて介護。。。寝不足の行き渡るボディーには、体力的にしんどくて、、、何とか同居を決心したのですが、最終的に、親戚協議により、弟夫妻の家で同居することになりました。

元気な間は、義母といった危険仲の良かった弟ですが、いよいよ同居となると、苦しいことが多かったようで、義母は自分から施設に入ることを憧れました。

幸福がするどく、たまたま、実に有難い施設に入ることができて、(使用人のヤツの人となりなど)心の底から安堵しました。

そうして、今度は私の両親がだんだんと体が弱ってきました。いっぱい図るところはありますが、自分自身が倒れてしまっては、ちゃんと困ります。わたくしにも幼児がある。

温かい心は、持ちながら、それでも、夢中になって厄介を、してしまっては体を壊してしまうと思いますので、各種情景に出会っても、冷静に判断していかなければという日毎思っています。エアロバイクの効果を実感!サイクルツイスタースリムの感想