「面皰」ができる背景というその答えを考えます

「面皰」、思春期の教え子なら一度は、頭を悩ます素肌の問題ですよね。但し今は、アダルト面皰も結構居る。

ともかく、なんで思春期に面皰ができ易いのか、そこから確認していきましょう。

思春期になると、パパホルモンが活発に繋がる。また、女性にも少なからずパパホルモンが分泌されますので、女性もともかく思春期ではでき易いことになります。

パパホルモンは、皮脂分泌を促進して仕舞う威力があり、その素肌を角化して仕舞う成果があります。それが原因といわれています。

これが、思春期に面皰ができ易い理由ですね。

これは、大人にもいえますが、葛藤が原因で上がることがあります。快眠手薄や疲労にて、自律神経の度合いがひずみ、交感神経、副交感神経の均整がくずれます。

均整がくずれることによって、脳下垂体から副腎皮質ホルモンが大量に分泌されてしまい、副腎皮質からパパホルモンの分泌が多くなり、皮脂の分泌が目立ち結実、面皰ができ易くなります。

では、面皰を増やさないようにするには、どうすれば良いのかを考えます。原因は、上記に書いたので、そこから答えを出します。

そうすると、予め葛藤をためないということが正解です。但し葛藤をためないようにするのは、大変ですよね。

他には、低体温にならないことが大切です。低体温になると、毒素が体調に残り易くなります。

これが元で面皰になることもありますので、極力体を冷やさないよう努めます。化粧品ではカバーできない肌の状態。毎日の食事が鍵を握る。